どんなときもwifiを海外で使う場合の手続き、料金は?本当に快適?

どんなときもwifi どんなときもWiFi

どんなときもwifiはどこでも容量を気にすることなく、無制限で使えるプランで大人気のwifiとなっていますね。ソフトバンク、ドコモ、auの回線が使うことができるということで日本各地で使うことができます。

 

さらに日本だけではなく、海外でも使うことができるwifiとしても注目されています。海外旅行にいったり、海外への出張が多いビジネスマンの方にとってはかなり重宝するwifiではないでしょうか。

 

どんなときもwifiを海外で使いたいという方のために、今回は、海外でどんなときもwifiを使うときの料金や手続き、注意点などをお伝えしていきます。

 

知らないと損してしまったり、トラブルになる可能性もある情報もお伝えしていきますので、ぜひ最後まで読んで参考にしていただければと思います。

海外でwifiを使う場合の注意点

どんなときもwifi

旅行とか出張で海外に行く場合にはwifiはあると便利ですよね。どんなときもwifiは5台まで同時に接続できるので、お友達と一緒に使うこともできます。海外を楽しみつつ、その様子をインスタにアップしたりして、とても素敵な思い出になるのではないでしょうか^^

 

海外でも使うことができるどんなときもwifiがあれば、フリーwifiを探す手間とかも必要ないですし、時間を有効活用できるというメリットもあります。せっかくの海外ですからめいっぱい自分のために時間を使いたいですよね。

 

レンタルのwifiの場合、使い慣れていなくて、操作が面倒だったり、レンタルの手続きなどに手間がかかる場合もありますが、どんなときもwifiであれば、使い慣れていてそれを海外でも使えるので安心だと思いますよ。

 

海外で何かこまったときにネットの情報をさくっと調べることができるというのは精神的にも安心感がありますよね。それでは、さっそく、海外でも使えるどんなときもwifiの仕組みやシステムを紹介していきます。

どんなときもwifiの海外使用について知っておきたいこと

・どんなときもwifiを使える海外はどこ?

どんなときもwifi

海外といってもいろんな国があるので、どこで使えるのかが気になるところですよね。どんなときもwifiは世界107国で使用できます。アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米、中東・南米・アフリカなど各国で使うことができます。

 

日本と交流があるような人気の旅行先などを網羅している感じですね。日本人に人気の海外旅行先としてよく名前があがる、グアム、サイパン、台湾、韓国、マカオ、フィリピン、インドネシアなども当然使えます。アメリカ、カナダ、ヨーロッパ各国も使えますので、どんなときもwifiがあれば海外でのwifiには困らないといえそうですね。

 

・どんなときもwifiの海外でも無制限に使える?

どんなときもwifiは国内では無制限使い放題となっていますが、海外の場合は、制限があります。海外ではLTEでの高速通信は1日1GBと決まっていて、これを超えると速度制限がかかります。制限されたときの速度は下り最大384Kbpsとなっていて、この速度なら無制限で使えます。

 

この制限速度でもサイトの閲覧とかは問題ないので、そんなに困ることはないかもしれませんね。ほかのwifiの場合は下り最大128Kbpsに制限するところも多いので、それと比較すると良心的ですね(^^;

 

・どんなときもwifiの海外の料金は?

どんなときもwifi

どんなときもwifiを海外で利用する場合の料金ですが、海外では1日あたり料金がかかります。アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米では1日1280円かかります。中東、南米、アフリカでは1日1880円かかります。海外に行ってもwifiを使用していない場合にはその利用料をとられないそうです。

 

海外に滞在する日数が分かっていれば、だいたいのwifi料金も分かるので、この料金システムはいいですね。

どんなときもwifiとレンタルwifiどっちがいい?

海外に行くときにレンタルwifiを使うという人もいると思いますが、レンタルwifiよりはどんなときもwifiのほうが楽といえそうです。どんなときもwifiの場合、海外にくために申請や手続きなどは不要です。

 

海外でどんなときもwifiの端末の電源をオンにするだけですぐに使うことができます。レンタルwifiのようにカウンターで端末の受け取りとか手続きが不要なのは楽でいいですよね。

 

急な海外出張とかあると、レンタルwifiとか探すのも面倒ですし、いろいろ比較するのも大変ですが、どんなときもwifiならそういった手間もないですし、メリットは大きいですね。

 

あとはレンタルwifiの場合は受渡料・キャンセル料・延滞料などがかかることがありますが、どんなときもwifiであればいつも使っている端末を持っていくだけなので、こうしたお金はかかりませんし、お得です^^。

 

面倒な手続きが不要で、レンタルwifiよりも料金も安いということで、海外に行く機会が多い方にとっては「どんなときもwifi」はかなり重宝するのではないでしょうか。

 

ここまでみるとレンタルwifiよりも断然どんなときもwifiのほうがいいですね^^

海外に行くことが多いならどんなときもwifiがおすすめ!

どんなときもwifi

今回はどんなときもwifiを海外で使用する場合の情報をお伝えしてきました。どんなときもwifiは国内だけではなく、海外でも快適に使えて、料金も安い、手続き不要で楽ということで言うことなしですね。

 

私はちょっと神経質で心配性なので、逆にデメリットとかないのかなと思っていろいろ探してみたのですが、とくに見当たりませんでした。

 

もしかすると料金とかでほかに安いレンタルwifiがあるのかもしれませんが、申し込みの手間とか時間的コストを考えるとやっぱりどんなときもwifiのほうがいいのかなと思いますね。

 

どんなときもwifiは海外でも安心して使えて、料金も安いですし、頻繁に海外旅行、海外出張に行く方にとっては大きなメリットがあるのはたしかです。海外あんしん補償として、海外利用時の《盗難・紛失》は補償の対象になるそうですし、安心して使えるのは間違いないですね。

 

頻繁に海外に行く方は「どんなときもwifi」を選んでおけば失敗はないと思います。※この情報は今後変更される可能性もありますので、お申込みの際は、公式サイトをよく読んでからお申込みください。

国内・海外利用もこれ1台!【どんなときもWiFi】

コメント

タイトルとURLをコピーしました