どんなときもwifiの審査は厳しいor緩い?審査が落ちる原因と対策は?

どんなときもwifi どんなときもWiFi

どんなときもwifiは非常に人気の高いwifiですね。CMなども数多く放送されていますし、知名度も非常に高まっていますよね。

 

今回はどんなときもwifiを契約しようと思っているけど、審査があるのか、審査は厳しいのか不安という方に向けての情報を紹介していきます。審査が落ちてしまう原因、対策なども紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

wifiの審査について

wifi

どんなときもwifiに限らず、wifiには審査があります。審査というとなんか嫌な感じがして不安になりますよね(^^;。でも安心してください。そんなに厳しい審査ではありません^^

 

こういったwifiサービスというのはある程度、長期間の契約になることが多く、利用者に継続してお金を払ってもらうことになるので、その利用者に支払い能力があるかどうかが審査の対象になります。

 

wifiを提供してる会社は利益をあげるためにやっているので、利用者の契約金の支払いが滞ってしまうのは避けたいということで、こうした審査が設けられています。スマホの契約に審査があるのか同じような感じですね。

 

wifiの端末の購入代金やレンタル料金をしっかり払ってくれる人物か、支払い能力があるのかという点が審査されます。

wifiの審査は厳しいor緩い?

wifi

wifiの審査については、支払い方法によって厳しさが変わってきます。クレジットカードによる支払いの場合には審査が緩くなっています。クレジットカードを作るにはクレジットカード会社の審査が必要になります。

 

つまり、クレジットカードを持っているということはクレジットカード会社の審査を通っていて信用されているということがある程度証明されていることになりますので、審査が緩くなるというわけです。

 

クレジットカード会社を通じて利用料金が支払われることになりますので、wifiを提供している会社にとってはリスクが少ないということで審査が緩くなります。

 

これに対して、口座振替の場合は審査は厳しくなります。口座を作るためには審査が不要であり、支払い能力があるのかどうかの判断をされていません。

 

そのため、クレジットカードと比較すると不払いのリスクが高いということで、wifiの提供会社は審査を厳格にして、この利用者が本当に支払い能力があるのか確かめることが必要になります。

wifiの審査の内容は?

wifi

wifiの審査はクレジットカードを作るときのように厳しくはありません。クレジットカードの場合は職業や収入、勤続年数などが調査されますが、wifiの審査の場合はここまで審査をしません。

 

口座振替の場合には本人確認のための種類の提出が必要になったり、スマホ料金などの滞納がないかなどが審査されます。延滞や未納がある人物はwifiの契約をしても延滞、滞納するリスクがあるということで審査が落ちる可能性があります。

 

とくに延滞、滞納といったことがなければ審査は通ることが多いです。ただ、必ずしも延滞、滞納などがあればダメというわけではなく、延滞などがあっても支払いを済ませていれば審査が通るということもあるようです。このあたりは、審査するwifiの会社によっても異なるようです。

 

ほかには口座残高やお金の流れについても審査されるのではないかと言われています。口座の残高が著しく少ない場合や口座への入金がない場合などは支払い能力にが不安あるということで審査に落ちる可能性もあるかもしれません

どんなときもwifiの審査は厳しいor緩い?

どんなときもwifi

どんなときもwifiの審査についてですが、若干厳しいといわれています。

 

どんなときもwifiは端末をレンタルで貸し出すことになります。このレンタルによって利用者は端末の購入代金がかからずに安くネットを利用できるというメリットがあります。

 

どんなときもwifiの会社としては、高価な端末をレンタルすることになりますので、リスクがあります。返却されなかった場合や返済が滞った場合の損失は大きくなりますので、慎重に審査をする必要があるということですね。

 

ただ、先にもお伝えしたとおり、クレジットカードであれば審査は緩いので、審査が通る可能性は高いです。

どんなときもwifiの審査が落ちる原因と対策は?

どんなときもwifiの審査が落ちる理由としてはほかに書類の不備があります。申し込みの内容が間違っていたり、本人確認書類に不備があったりすると審査が落ちしてしまいます

 

記入内容に誤字脱字があって、本人確認書類と照らし合わせて情報が一致しない場合や銀行口座の間違いなどがあると審査で落とされてしまいますので、記入内容などには注意しましょう。

 

印鑑が不鮮明だったり、銀行口座の名義人と申込者の名前が不一致だったり、住所が違うということはよくある書類の不備と言われていますので、この点も気を付けたいところですね。

 

どんなときもwifiはクレジットカード支払いのほうが安くてお得なので、なるべくならクレジットカードでの支払いが良いと思います。口座振替の場合には口座振替手数料もかかって月額料金が高くなりますし、なるべくならクレジットカードでの支払いをしたほうがいいですね。

 

クレジットカードを持っていない方は1枚持っておくと便利なので作っておくといいと思いますよ。楽天カードはけっこう審査も緩いカードですし、ポイントもたまりやすいのでおすすめですよ。
↓  ↓  ↓

どんなときもwifiの審査についてカンタンにまとめると次のとおりです。

・クレジットカードの審査は通りやすい
・口座振替は延滞、滞納があると審査に落ちる可能性がある
・提出書類の不備、申込内容に記入漏れ誤字がある場合も審査で落ちる
・クレジットカードでの申し込みのほうがお得

 

クレジットカードをお持ちであればクレジットカードで申し込みをしましょう。口座振替であれば残高をある程度いれておき、滞納や延滞があれば支払いをしておきましょう。また、口座振替では書類の提出が必要になりますので提出書類に不備がないように気を付けましょう。
↓  ↓  ↓
国内・海外利用もこれ1台!【どんなときもWiFi】

 

もし、クレジットカードをお持ちであれば、クラウドwifi東京もおすすめですよ。

クラウドwifi東京

このクラウドwifi東京の場合は最低契約期間が1か月で違約金、解約金がないので、ちょっと試しにモバイルwifiを使ってみようと思っている場合には最適だと思います。
↓  ↓  ↓
【クラウドWiFi東京】

こちらクラウドwifi東京の支払いはクレジットカードのみで、口座振替やデビットカードなどでの支払いはできないのでご注意ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました