fast-fiのメリット、デメリットは?安心して使える?

fast fast-fi

fast-fiは海外用のレンタルwifiとなっていますが、知名度的にはまだ、それほど有名ではないようです。比較的、最近になって始まったサービスということもあり、情報も少ないみたいですね。

 

今回はfast-fiがどんなwifiなのか、メリット、デメリットはどんなものがあるのかといった情報を紹介していきます。海外用のレンタルwifiの場合は海外で問題が起きたときに後悔しても後の祭りになってしまいますので、事前にどんなwifiか知っておくのは大事だと思います。

 

どんな人に向いているのか、利点や欠点などを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

fast-fiの特徴は?

fast-fi

fast-fiに限らず、wifiサービスを利用する場合は、運営会社が信頼できるかどうか気になるという方も多いのではないでしょうか。ネット環境とか通信サービスはちょっと怪しい業者などもあったりするので慎重に選びたいところですよね。

 

fast-fiの運営会社はHISグループの株式会社欧州エキスプレスが運営しています。この会社が1985年に設立した鉄道会社でその後、旅行業、通信事業などを展開しています。HISグループという大手の旅行業の会社が親会社となっていますので、会社としての信頼というのはかなり高いと思います。

 

怪しい会社というわけではありませんので、安心して利用できるはずです。fast-fiの特徴としては料金が安いというのがあります。ほかの海外用レンタルwifiと比較しても基本的なプランは安いですね。ただ、容量は少ないので、多く使う方にはちょっと向いていません。

 

fast-fiは複数の国の国境を越えてそのまま使える周遊プランというのがあります。アジア周遊プラン、ヨーロッパ周遊プラン、世界周遊プランというのがあります。国をまたいでもシンプルな料金プランで分かりやすくお得に使えるということで、便利なwifiですね。

fast-fiのメリットは?

海外

fast-fiの最大のメリットとしては料金が安いというのがあります。ほかの海外用レンタルwifiと比較してもだいぶ安いですね。

 

たとえば、アジア周遊で350MBの容量であれば1日510円で利用できます。500MBでも1日680円となっています。(※キャンペーンなどで料金が変わる可能性もありますので公式サイトをご確認ください)

 

ほかに人気の海外用レンタルwifiの「イモトのwifi」の場合は、アジア周遊が500MBで1日1,580円となっています。イモトのwifiと比較して分かるようにかなり安くなっていますね。

 

fast-fiにはオプションがあり、盗難、紛失の際にはオプションがあれば保証されます。安心保証は1日300円となっています。万が一のためにオプションには入ることを推奨しているようです。海外では何があるか分かりませんし、万が一もあるのでオプションは入っていたほうがいいかもしれませんね。

 

オプションに入ったとしても料金は安いですし、このコスパの良さがfast-fiの最大の魅力と言えそうですね。

 

あとはfast-fiのメリットとしては、端末が多機能というのもあります。端末がモバイルバッテリーの替わりにもなるので、万が一スマホの充電が切れたときにはモバイルバッテリーとして使うことができます。

 

また、500MB以上のプランには翻訳機能がついている端末が用意されていて、海外でもスムーズにコミュニケーションを取ることができます。こういうのはあると便利だし、助かりますよね。簡単な翻訳なのでちょっと精度が微妙という意見もあるようですが、あるのとないのとでは全然違うと思います。

 

23か国語に対応しているそうなので、使える国も多いですし、いろんな場面で重宝しそうですね!

 

ほかのメリットとしてはwifi電話というサービスがあり、wifiルーターに通話機能を搭載することができます。しかも、1日170円という安さでかけ放題となっています。IP電話ということで利用してるプランの容量を使うことになりますが、それでもかなり安くて便利ですね。

 

海外の電話にはかけられないそうですが、fast-fi端末同士はかけられるのでお友達同士でこうしたwifiをレンタルしておけば現地で連絡も取りあえて便利ですね

 

fast-fiのメリットを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。たくさんのメリットがありますし、魅力的なwifiですよね。ただ、当然ながらデメリットというのもありますので、こちらも紹介していきます。

fast-fiのデメリットは?

fast-fi

fast-fiのデメリットとしては端末が重くてかさばるというのがあります。大きさはスマホよりも一回り大きいくらいですが、厚さがけっこうあるのでかさばってしまいます。

 

端末の外寸は112.6×65×19mmということで厚さが約2㎝くらいあるということですね。ちょっと邪魔くさい感じがしますよね。ただ、カバンに入れておけば特に問題ないと思いますし、そこまですごいデメリットという感じではないと思います。

 

ほかには受け取りできる空港が少ないというのがあります。比較的新しく始まったサービスであり、まだそんなに普及していないということで受け渡しできる空港が少ないようです。成田空港、関西空港、羽田空港の3空港のみとなっています。

 

端末の受け取りは宅配便で事前に受けることができるので、これをすれば特に大きな問題はないと思います。空港だとバタバタして受け取り忘れとかもありますし、事前に宅配してもらったほうがいいかもしれませんね。

 

ほかのデメリットとしては対応国がほかの海外用レンタルwifiと比較して少ないというのがあります。fast-fiは100カ国以上に対応していて、エリアも順次拡大しているようですが、それでもほかのところよりも少なめです。ただ、これについても多くの人気の観光地をカバーしていますのでそれほど気にならないと思います。

 

自分がいく国があれば、料金も安いですし、fast-fiを選ぶのはぜんぜんいいと思いますよ

fast-fiはこんな人におすすめ!

fast

・安く海外用のレンタルwifiを利用したい
・電話機能があるwifiがいい
・翻訳機能があるwifiがいい
・容量はそこまで多くなくていい
・複数の国でwifiを使いたい

こういった方にとってはfast-fiは最適なwifiとなっているといえます。HISグループの会社が運営しているということで、豊富な知識と経験を持っているスタッフさんがサポートしてくれるようですし、安心して利用できるのではないでしょうか。

 

公式サイトに詳しい情報が掲載されていますので、ぜひチェックしてみてください。
↓   ↓   ↓
FAST-Fi

 

あとは頻繁に海外旅行に行くのでいちいち手続きがめんどくさいという方は国内、海外の両方で使えるクラウドwifi東京もおすすめです。

 

こちらは国内では容量無制限つかうことができて、海外でも手続き不要でそのままその端末を利用できます。今、人気急上昇中のwifiとなっていますので興味があればこちらもどうぞ
↓   ↓   ↓
【クラウドWiFi東京】

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました