グローバルwifiはデメリットが多い?契約前に知っておきたい欠点を紹介!

グローバルwifi グローバルwifi

海外に行くときに海外用のレンタルwifiがあると便利ですよね。海外でも無料のwifiがありますが、速度が遅かったり、無料でwifiができる場所が限られていたりして、ちょっと不便だと思います。

 

レンタルwifiがあれば海外でも快適にスマホを使えますし、海外で困ったときにネットを使えて安心感もあるのではないでしょうか^^。海外のレンタルwifiの中ではとくにグローバルwifiは人気です。

 

グローバルwifiは海外レンタル数ナンバーワンで、利用者数が1200万人突破していてリピーターも数多くいます。そんな人気のグローバルwifiですが、デメリットがないのかちょっと気になりますよね。

 

海外wifiをレンタルしたあとにデメリットに気が付いて後悔したりはしたくないですし、契約の前に知っておきたいデメリット情報をお伝えしておきますので、確認しておきましょう。

海外でwifiは必要?

wifi

海外用のレンタルwifiであるグローバルwifiについて、説明するまえに、そもそも海外に行くのにwifiは必要なのかというのもちょっと気になるところではないでしょうか。

 

レンタルwifiもけっこうな出費になりますし、いらないなら無理に契約する必要はないですよね(^^;。それではどんな人にとって、レンタルwifiが必要なのでしょうか。

 

まず、グループで旅行に行く場合にはレンタルwifiがあると便利です。グループのみんなでwifiを使うことで、料金を割り勘にできてお得です。同時接続数が5台くらいのwifiが多いので、2~3人であれば快適に使えます。

 

あとは海外に慣れていない方もレンタルwifiがあると便利です。海外旅行先の現地で不測の事態がおきるということは少なからずあります。そんな時にレンタルwifiがあってネットが使えればトラブルを回避しやすくなるはずです。

 

海外でほとんどネットを使わない場合にはレンタルwifiも不要で、現地の無料wifiを使えばいいですが、無料wifiもセキュリティのリスクがあったり、速度が遅くて使えなかったりというリスクもあるので、注意が必要です。

 

海外旅行に何度も言った経験があり、過去に現地で全然、ネットを使わなかったという方であればレンタルwifiを使わなくてもいいと思いますが、そういう方以外はレンタルwifiがあったほうが便利で安心だと思います。

海外レンタルwifiの選び方

wifi

海外用のレンタルwifiを準備してもデメリットが多くて使い勝手が悪かったら意味ないですよね。

 

せっかく楽しい海外旅行なのにwifiが使えなくて、いまいち全力で楽しめなかったという方も少なくないようです。私も性格的にちょっと失敗を引きずりやすいタイプなのでその気持ちは分かります(^^;

 

楽しく海外を楽しむためにも自分にあった海外用のレンタルwifiを選ぶのが大事ですね。

 

まず、大前提として、当然ですが、自分の渡航先の海外で使えるwifiかどうかというのが一番大事です。日本人が行くような主要な旅行先についてはだいだい対象になっているのでそこまで心配はないと思いますが、公式サイトをよくチェックして、渡航先が対象国か確認しておきましょう。

 

国によってプランが異なることもありますので注意が必要です。グローバルwifiの場合は、200以上の国と地域に対応していて、そのうち71カ国に無制限プランが用意されています。容量をたくさん使いたい場合には無制限プランを選ぶのもいいと思います。

 

容量によって料金も大きく変わってきますので、どういった使い方をメインでするのかも事前に考えておくのも大事です。あまり使わないのに無制限プランとかにしたらコスパが悪いですし、思わぬ出費が増えてしまい旅行後の資金繰りがちょっと厳しくなったりしてしまいます(;´Д`) 。

 

あとは受け取り方法や返却方法もよく確認しておきましょう。受け取り忘れてしまった場合、海外でwifiが使えなくなって不便で、さらにキャンセル料もかかってしまいダメージが大きくなってしまいます。あとは返却を忘れた場合も手間がかかり、延滞料がかかってしまい、余計な出費につながります。

 

受け取り方法、返却方法の手続きのやり方などもよく確認しておきましょう。

グローバルwifiにはデメリットが多い?

グローバルwifi

グローバルwifiは人気の海外用wifiということで利用者もたくさんいます。メリットが多く、満足度が高いため、リピーターも多いようです。基本的にはメリットのほうが多いですが、なかにはデメリットもあります。

 

とくに口コミなどで多いのが機器の故障や不具合です。レンタルという性質上、自分のものではないので、雑に機器を扱ってしまう人もいるようです。機器に不具合がないかは、会社もしっかり確認していると思いますが、その確認をすりぬけて、ときに、危機に不具合がある場合もあります。

 

口コミをみると充電が十分にできなくて、使いたいときにつかえなかったという意見もありました。

こういうレンタル機器の不具合や故障はグローバルwifiに限らず、ほかのレンタルwifiの場合でも起こりうることのようです。カスタマーサポートに連絡すればしっかり対応してくれることが多いようなので、不具合があればカスタマーサポートに連絡しましょう。

 

ほかにグローバルwifiのデメリットとしては端末が大きくて重いから邪魔という意見もありました。国によってwifiの端末が異なるようですが、端末が大きくて邪魔くさいと感じる人も多いようです。海外でただでさえ荷物が多いのに、かさばってしまい、不便だったという人もいるようですね。

 

古い機器にあたってしまうと速度も遅くてつながりにくく、ネットが快適にできないということもあるようです。機器に問題がなければ快適に使えるようですが、ハズレといえるような機器にあたってしまうと一気に不便になってしまうようです。

 

また、機器に不具合があったときのサポートの対応についても不満を感じている人が少なくないようです。返金すればいいんでしょ的な対応をスタッフにされたという方もいました。

 

慣れない海外で想定外のことが起きると困りますよね。そんな状況でおざなりな対応をされてしまい、かなり怒っている人もいるようです。容量の多いプランを選んだのに機器の充電が十分できずに、思うように容量を使えずに後悔したという方もいました。

 

不満の声を探してみるとwifiの機器やサポートに関する不満が多いようです。

 

このあたりは運の要素があるので、利用者である我々ではどうしようもないですね(´;ω;`)。グローバルwifiは利用者が多いので悪い口コミも多くなってしまいますが、満足している人も多いですし、コスパもいいので悪い海外用wifiではないと思います。

 

ただ、先に紹介したようなデメリットもあるので、このへんは覚悟しておく必要がありそうですね。

 

レンタルwifiにはこうしたリスクがありますが、これを避けるためには国内でも海外でも使えるwifiを使うという方法もあります。

グローバルwifiに代わるwifiを使う方法

どんなときもwifi

最近は、国内でも海外でも使えるwifiというのも登場しています。そのなかで特に人気があって注目を集めているのが「どんなときもwifi」です。

 

どんなときもwifiはクラウドSIMという次世代のSIM通信技術を採用しています。これまではSIMカードを端末に差して使っていましたが、クラウドSIMの場合はクラウドサーバーでSIMカードを管理をしています。

 

これによって、1台の端末に複数のSIMカードを割り当てることが可能になりました。つまり、どんなときもwifiは国内ではソフトバンク、ドコモ、auの回線を使うことができ、海外では海外の回線を利用できるということです。

 

1台の端末でSIMカードの差し替えることなく、国内、海外で使えるということですね。これはかなり便利なシステムですよね。レンタルwifiのように受け取りとか手続きとかもいらないですし、海外で端末の電源を入れるだけで使うことができます。

 

ただ、次世代の技術ということで、海外でも使える国は限られています。どんなときもwifiの場合は、世界107カ国が対象となっています。グローバルwifiの場合は200以上の国と地域に対応しているので、この点はちょっと見劣りする部分ではありますね。

 

ただ、主要な国はどんなときもwifiも対象になっていますので、よく行く旅行先が対象になっている場合にはどんなときもwifiを選ぶのもありだと思います。

 

どんなときもwifiは国内であれば容量無制限で使えて2年間定額なので、使いやすいというメリットもあります。無制限に使えるわりにはコスパも非常にいいですし、外出先で動画とかをよく見るという方には最適だと思いますよ^^

 

容量を気にしなくていいのはストレスフリーになりますし、うれしい点ですよね♪

 

海外にいく機会が多く、面倒なレンタルの手続きが嫌、使い慣れた端末を使いたいという場合には、どんなときもwifiを検討してみてはいかがでしょうか

国内・海外利用もこれ1台!【どんなときもWiFi】

コメント

タイトルとURLをコピーしました