持ち運びwifi(ポケットwifi)の使い方、おすすめは?本当にお得?

yahoo ポケットwifi モバイルwifi

外出先で容量などを気にすることなく、ネットをつなげて楽しみたい場合には持ち運びwifi(ポケットwifi)が便利で使いやすいです。

 

今回は持ち運びwifi(ポケットwifi)を使ったことがない方に向けて使い方やおすすめの持ち運びwifiについての情報などをお伝えしていきます。実際のところ、本当にお得になるのかと言ったことなど分かりやすく紹介していきますので参考にしていただければ幸いです。

持ち運びwifi(ポケットwifi)の使い方は?

wifi

これから持ち運びwifiを使おうと思っている場合、本当に使えるのか、難しくないのか心配になりますよね。

 

使い方が複雑そうで難しそうと思うかもしれませんが、実際のところはそんなに難しくなく、接続は簡単にできますし、一度、だいたいの仕組みなどを覚えてしまえば楽に使うことができます。

 

カンタンに説明しますと、まず、最初に持ち運びwifiを注文します。そうすると持ち運びwifiルーターが届きます。

 

その端末にSIMカードを挿入し、電源を入れ、wifiに接続したい機器のほうでネットの設定をして接続します。wifiのSSIDというのを選択して、パスワードを入れると接続が完了するという流れになっています。

 

けっこうカンタンですよね^^。使い方が分からない、繋がらないという場合にはお問合せをしてみるのがいいと思います。

 

やり方が問題なくても機器の初期不良の可能性もあります。担当のオペレーターの方が丁寧に解説してくれると思いますので、その解説の手順どおりに進めていけばすぐにwifiにつながって快適にネットができるようになるはずです。

持ち運びwifi(ポケットwifi)のメリット、デメリットは?

持ち運びwifi(ポケットwifi)のメリット

wifi

・どこでもネットができる
外出先でwifiなどの環境がない場所であっても持ち運びwifiがあればネットにつなぐことができます。スマホの場合は容量が限られている場合が多いですが、持ち運びwifiの場合は無制限のプランもあり、それを利用すれば容量を気にすることなくネットが快適に楽しめます。

 

外出先で動画とかを見ることもできるということですね。最近はhuluとかネットフィリックスといった動画配信サイトが人気ですが、そういった動画をどこでも見れるというのは嬉しいですよね。

・通信費を抑えることができる
大手キャリのスマホの容量は持ち運びできるポケットwifiよりも割高になっています。ポケットwifiを利用して、スマホのデータ容量を少なくすることで通信費の節約になることが多いです。格安スマホとポケットwifiをあわせてつかうことで、利便性はほとんど変わらずに通信費の節約をすることができます。

 

私も数年前から格安スマホの楽天モバイルを使っているのですが、非常に快適でかなりの金額を節約できています^^b。固定費の削減になると年間で数万円安くなったりして貯金とかしやすくなりますし、メリットは大きいですね!

・工事なしですぐに使える
自宅でネットを使う場合には固定回線を利用することが多いと思いますが、一人暮らしなどあまり容量を使わないのであればポケットwifiで代替えすることも可能です。固定回線の違って工事が必要ないというのもメリットですね。

 

申し込みから数日でwifiの端末が届いて、設定すればすぐに使うことができます。固定回線の工事は数週間かかる場合もありますので比較するとだいぶ楽ですね。ポケットwifiは数日間のレンタルをしているところもあるので、入院や引っ越し、旅行先での使用など数日間だけ使用したい場合にはレンタルのポケットwifiを使用するという方法もあります。

・セキュリティが安全
町中にはいろんなwifiがあり、カフェやレストランなどでもそのお店などが提供してるwifiがありますね。

 

また、野良wifiといわれるようなフリーwifiというのもあります。こういったwifiはセキュリティ面での不安があります。不特定多数の人間が使用することになりますので、悪意のある第三者の存在というのを完全に排除することはできません。

 

野良wifiと言われる無料でパスワードも不要で誰が提供しているかわからないwifiなどは、不正アクセス目的で提供してるということもあります。第三者からのウイルス攻撃もありますので、こうした野良wifiなどにはセキュリティ面での不安があります。

 

自分のポケットwifiであれば自分だけしか使えないので、個人情報をしっかり守ることができてセキュリティもしっかりしているので安心です。

持ち運びwifi(ポケットwifi)のデメリット

wifi

・端末の持ち運びが必要
ポケットwifiのルーターを持ち運ぶ必要があるので、荷物が増えてしまうというデメリットがあります。最近はコンパクトなwifiも増えていますのでそんなに気にならない方も多いかもしれませんが、荷物が増えてしまうのは事実なのでこのへんがちょっとデメリットですね。

・充電が必要なので手間が増える
ポケットwifiはバッテリーで動いていますので充電が必要になります。ポケットwifiをたくさん使うということはスマホの充電もなくなりやすくなりますので、モバイルバッテリーが必要になることもあります。そうなると荷物が増えてしまうということでこれもデメリットですね。

 

ただ、モバイルバッテリーは災害時など非常時に役立つものなのでこういうのを持っていると災害時には安心ですね。バッテリーがなくなったスマホは本当に使い道がないですからね。モバイルバッテリーはいざというときに役立つので持っていて損はないと思います。

・固定回線に比べて速度が遅い
ポケットwifiは外出先でネットをやる分にはいいですが、自宅の固定回線と比較してしまうと速度が若干遅いとうのがあります。スマホくらいであればそんなに問題ないと思いますが、パソコンやタブレットなどで容量を多く使うような使い方をしていると物足りなくなる可能性もあります。

 

デメリットはあるものの、そこまで致命的なものはなく、災害などいざというときのためにも役立ちますし、持っておく価値はあると思います。けっこう便利に使えますし、外出先でネットをたくさん楽しめるようになると人生も楽しくなると思いますよ!

持ち運びwifi(ポケットwifi)のおすすめは?

どんなときもwifi

持ち運びwifi(ポケットwifi)はいろんな会社が提供していて、会社ごとに特徴などが違ってきます。最近だと、どんなときもwifiなどが人気があっておすすめです。

 

どんなときもwifiは最近、俳優の佐藤二郎さんと女優の今田美桜さんがCMをされていますね。利用者が最近、急増していてこの会社は景気がいいみたいですね^^

 

利用者が増えている理由としては、容量無制限で安いというのが理由にあると思われます。容量を気にすることなく使いたい放題なのはかなりいいですよね。ほかのwifiの場合は3日間で10GBというような期間によって制限があるものがありますが、どんなときもwifiの場合はそういったこともなく、普通に使っていれば制限がありません。

 

ただ、違法に大容量を使ってしまったりするとほかの利用者の回線を圧迫しているということで回線が遅くなることはあるようです。ただ、繰り返しになりますが、普通の使い方をしていればそういうことはなく快適にネットを楽しむことができます。

 

どんなときもwifiであれば、海外でも利用できるので、けっこうこれもメリットが大きいいですね。海外に行く場合には海外用のレンタルwifiを利用するという方法もありますが、これもデメリットがけっこうあります。

 

海外用のレンタルwifiの場合は、端末が古い場合もあって、バッテリーが消耗しているケースもあります。この場合には海外で使おうと思ったらバッテリーがすぐに消耗してしまい使えないということもあるようです。海外用のレンタルwifiの場合はこういったことがけっこうあるようなので、ちょっと躊躇してしまうこともあると思います。

 

どんなときもwifiの場合なら、普段使っているどんなときもwifiの端末を海外に持っていき、電源を付けるだけで使えるので、非常に便利です。海外用レンタルwifiのように空港で受け取ったりする必要もないので手間もかかりませんし、非常に楽ですね^^

 

海外の場合は容量は無制限ではないですが、ほかのwifiよりはコスパがいいですし、頻繁に海外旅行にいくという方にはいいと思いますよ!

 

どんなときもwifiの公式サイトにはさらに詳しい情報が掲載されていますのでぜひチェックしてみてください!

国内・海外利用もこれ1台!【どんなときもWiFi】

コメント

タイトルとURLをコピーしました