最安値保証WiFiのメリット、デメリットは?どんな特徴をもったwifi?

最安値保証WiFi 最安値保証WiFi

最近では、家の中だけではなく外出先でもWiFiを利用したい!という人が多く、ポケットWiFiを契約する人が多いんです。

 

ポケットWiFiはとても多くのサービスがあるんですが、出来るだけ安いものがいい!と考える人も多いのではないでしょうか。

 

そんな中・・・最安値保証WiFiという名前のWiFiサービスが2020年1月末に登場し、その名前を見てそんなに安いの!?と契約を検討している人も少なくないのではないでしょうか。

 

この最安値保証WiFiは一体どのような特徴のWiFiなんでしょうか?評判や、メリット、デメリットについて紹介いたします!

最安値保証WiFiはどんなWiFi?特徴って?

最安値保証WiFi

最安値保証WiFiは名前の通り、他のWiFiサービスに比べても料金が安いことが一番の特徴ともいえます。料金が安いというのは嬉しい点ですよね。

 

wifiはある程度の長期間使うことが多いので、毎月の価格が安ければ、トータルでもかなり違ってきますからね。

 

最安値保証WiFiは月額料金が3280円と他のWiFiサービスに比べてとても安いんです。ただ、最安値ではないんじゃない?なんて思う人もいるかもしれません。

 

実は月額料金だけを見ると、この最安値保証WiFiよりも安いWiFiサービスはあるんですが、そういったWiFiサービスは通信容量が決められているんです。

 

こちらの最安値保証WiFiは通信容量は無制限なので、無制限で月料金が3280円というのは現時点で最安値クラスといえます。

 

更に、嬉しいことに契約時にかかる事務手数料が無料なんです!他のWiFiサービスの場合には契約時に事務手数料が1000円~3000円程かかるため諸月の請求額が高くなってしまうんですよね。

 

最安値保証WiFiは事務手数料がないため、初月から月額料金で利用ができるというのも嬉しいポイントです!

 

そして、ポケットWiFiに欠かせない端末ですが買取ではなくレンタルでの利用となります。

 

買取の場合には端末料金が高くなってしまうこともあるんですが、レンタルのため端末代も必要ないため月額料金が安く抑えられているんですね。

最安値保証WiFiのメリットは?

最安値保証WiFiはどのようなメリットがあるんでしょうか?

・事務手数料が無料

契約時に必要となる事務手数料が無料となっています。契約した月だけ高い!ということが無く、最初の月から月額料金のみでの利用が可能となっています。

 

初期費用が安いということなので、これはあまり経済的に余裕がないという方にも嬉しいメリットですね^^。これから一人暮らしを始めようという方にも向いていると思います。

・契約期間の縛りがない

こういったポケットWiFiは、2年契約や3年契約など契約期間の縛りがあることも多いんです。

 

最安値保証WiFiは契約期間の縛りがないため、1か月以上の最低利用期間を経過した後には解約をしたいタイミングですることができます。

・通信容量が無制限

最安値保証WiFiは通信容量が無制限のため、容量を気にすることなく利用をすることができます。ただ、例外として容量の制限があるようなので、後述します。

・解約金がない

契約期間の縛りがないということは、途中解約時に発生する違約金や解約金もありません。他社のwifiの解約金は数万円かかることもあるので、この解約金がないという点では嬉しいポイントですね。

・端末代がかからない

最安値保証WiFiは使用する端末は、買取ではなくレンタルになります。買取ではないため、端末代を支払う必要がありません。

最安値保証WiFiのデメリットが多い?

最安値保証WiFiはどのようなデメリットがあるんでしょうか?

・支払い方法がクレジットカードのみ

クレジットカード

他のWiFiサービスは、支払い方法が銀行引き落としなど選択ができることも多いんですが、最安値保証WiFiの場合は支払い方法がクレジットカードのみとなっています。クレジットカードを持っていないという人は利用することができません。

 

wifiはクレジットカードのみというところも多いので、まだクレジットカードを持っていない方はこの機会に作るのもいいと思います。楽天カードは使いやすくて審査も緩くポイントがたまりやすいなどのメリットもたくさんあるので、こちらを検討してみてはいかがでしょうか

↓  ↓  ↓

・端末がレンタルのため、弁済金が高い

wifi

端末がレンタルなので月額料金が安くなっているのがメリットではあるんですが、レンタルだからこそのデメリットもあります。

 

端末が破損してしまった場合の弁済金が高いんです。勿論、通常の使用で故障してしまった場合などには支払う必要はありませんが水没させてしまったり落としてしまったという場合には、弁済金40000円を支払う必要があります。

 

この40000円というのはかなり高いですね。他社のwifiと比較しても高額になっていますのでこれはデメリットですね。スマホとかを水没させたり、落下、衝撃で破損したことがあるという方はちょっとリスクを考えると怖い感じがしますね。

 

有料の補償オプションもありますので、これに加入すれば弁済金は安くなりますが月額の支払いが増えるのでちょっと迷うところですね。

・解約後端末返却期限が短い

端末はレンタルのため、解約をしたら返却する必要があります。この端末の返却期限なんですが、翌月の5日までと短いんですね。

 

解約月だからといって月額料金が日割りになるわけではないので、ギリギリ月末まで利用して返却をするとなると、返却期限が5日しかないということになります。

 

期限を超えてしまうと、1ヶ月分の利用料金を請求されてしまいます。

・容量は完全に無制限ではない

容量無制限と表示していますが、公式サイトによると月間で100GBを超えると短期間で膨大なデータ量の消費があったということで速度制限がされるようです。

 

厳密には容量無制限ではないということですね。それでも1日あたり約3.3GB使えますのでかなりの容量を使えることは確かです。一人で使うには十分ともいえますが、家族と一緒につかったりする場合にはちょっと足りなくなる可能性もありそうです。

まとめ

最安値保証WiFiは無制限で月額3280円ととても安いWiFiサービスなんですね!

 

まだサービスを開始したばかりのサービスなので、口コミや評判についてはほとんどないんですが、初期費用も契約期間の縛りもないため、まずは数か月お試しで利用してみるというのもいいかもしれませんね。

↓  ↓  ↓
最安値保証WiFi

 

最近登場したwifiでは「THE wifi」も注目されていますね。こちらと、以前から人気のどんなときもwifiを比較した記事もありますので、こちらに興味があれば参考にしてみてください。

↓  ↓  ↓
THE WiFiとどんなときもwifiを徹底比較!どっちがいい?違いは?
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました