単身赴任のネット環境はどうするのがいい?安くて快適な方法を紹介!

wifi ポケットwifi

単身赴任をすることになった場合、いろいろやらないといけないことが多いですし、気になることも多いと思いますが、その中でもネット環境をどうするかも大きな問題ですよね。

 

いまはネットは生活していくうえでの必需品となっていますし、生活には欠かせないものですよね。今回は単身赴任の際のネット環境をどうするのかという点について紹介していきます。

 

これを知っておくと損や後悔することなく、快適にネットができるようになるはずなので、ぜひ参考にしてみてください。

単身赴任のネット環境について

wifi

家族と離れ新しい土地で働かないといけないというのは寂しいですし、大変なことですよね。ただ、新しい土地で新しい仕事に取り組むということは自分が成長するチャンスでもあると思いますし、生活をしっかり整えて仕事に向き合えるように準備をしていきたいところですね。

 

生活環境という点ではネットの環境もしっかり整えておくのが大事になってきます。ネットが使えなかったり、遅いとイライラしますし、仕事に支障がでたり、日常生活も不便になってしまいます。

 

また、単身赴任で一人暮らしをするとなると出費も多くなりますので、なるべく通信費を抑えて節約をしつつ、コスパよくネット環境を整えることも大事になると思います。

 

それでは実際に単身赴任をする場合に、どういった方法でネット環境を整えるのがいいのでしょうか?

単身赴任のネット環境は固定回線とモバイルwifiのどっちがいい?

ネットを利用する方法としては固定回線を使う方法とモバイルwifiを利用する方法があります。まずは、両者のメリット、デメリットを確認しておきましょう。

・単身赴任で固定回線を利用するメリット、デメリット

wifi

固定回線のメリットは速度が速くてつながりやすいという点ですね。快適にネットができて、接続できる機器も多いですし、満足度も高いネット回線ですね。

 

自宅で家族で住むということであれば、固定回線は使いやすいですし、メリットも大きいですね。ただ、単身赴任となるとちょっと話は変わってきますね。

 

固定回線の場合は、工事が必要になり、導入のためにコストがかかります。工事までに時間がかかったりします。とくに繁忙期などは工事に時間がかかり、申し込んでから数週間かかるということもあります。すぐにネットが使いたいというときにはこのタイムラグは嫌ですよね。

 

また、料金も高めの設定となっています。そのほかにも引っ越しのときの手続きが面倒というのもあります。

 

単身赴任は期間が決まっていてずっとそこに住むわけではないので、いつか引っ越しが必要になりますよね。その引っ越しの際には固定回線の解約が必要になって解約金を取られたりします。けっこう高額な違約金が必要になって無駄な出費が必要になることもあるので、これが大きなデメリットになりますね。

 

かんたんに固定回線のメリット、デメリットをまとめると、次のとおりです。

メリット
・速度が早い
・接続台数が多い
・容量無制限

デメリット
・工事が必要
・工事の期間がかかる
・引っ越しで解約すると違約金がかかる場合がある

・単身赴任でモバイルwifiを利用するメリット、デメリット

wifi

モバイルwifiを利用することによるメリットは導入がカンタンということですね。固定回線のように工事などは不要で、早ければ申し込み後即日発送して、端末が届いて設定すればすぐにネットが使えます。

 

モバイルwifiであれば持ち運びが自由にできますので、外出先でもネットを楽しむことができるのもメリットですね。通勤のときなど暇な時間にネットを見て暇つぶししたり、youtubeの動画を見て勉強したりもできますし、使い方いろいろだと思います^^

 

昔はモバイルwifiの性能があまり良くなくて、速度が遅かったり、容量の制限が厳しかったものもありましたが、最近は容量無制限のものが登場して性能も良くなって、速度も安定しているものも増えています。料金も固定回線と比較すると安いというメリットもあります。

 

単身赴任で一人暮らしとなると何かと出費も増えますので、通信費という固定費が少なくなるのは大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

 

デメリットとしては、持ち運びするときにwifiの端末を持っていかないといけないので荷物が増えるというのがありますね。また、長時間使うことでバッテリーも消耗しますので、使い方によってはモバイルバッテリーが必要になる場合もあります。バッテリーもこまめに充電しないといけないのでその手間もあります。

 

速度についても固定回線よりも遅いので、大容量の通信を行う場合にはつながりにくさなどを感じる場合もあるかもしれません。

 

モバイルwifiのメリット、デメリットについてまとめると次のとおりです。

メリット
・工事不要
・持ち運びできてどこでもネットができる
・容量無制限のモバイルwifiが増えてる
・料金が安い

デメリット
・端末の持ち歩くので荷物が増える
・バッテリーの充電が必要
・速度が固定回線よりも遅い

単身赴任のネット環境はモバイルwifiがおすすめ!

wifi

固定回線、モバイルwifiのメリット、デメリットをそれぞれお伝えしてきましたが、結論としては、単身赴任する場合にはモバイルwifiがおすすめです。

 

多くの方はモバイルwifiで十分足りますし、モバイルwifiは快適にネットができてコスパもいいので満足度も高くなりやすいです。単身赴任となると家族が住む家と自分が住む家ということで二重に出費が必要になるわけですし、少しでもお金は節約しておきたいところですよね。

 

しっかりとしたモバイルwifiを選べば容量も速度も問題ない場合が多いですし、外出先でも容量を気にすることなくネットを楽しむことができるので人生の質も上がるはずですよ^^

 

固定回線が気になるという方もいると思いますが、そんな方もまずは短期間、レンタルでモバイルwifiを使ってみて、そこで問題があれば、固定回線を利用するというのがいいと思います。固定回線はすぐには導入できないので、つなぎとしてレンタルのモバイルwifiを使うというのもありだと思います。

 

ただ、繰り返しになりますが、単身赴任の場合には、モバイルwifiのほうがコスパもいいですし、満足度も高いのでモバイルwifiを検討してみるのがいいと思います。

 

それでは最後に、おすすめのモバイルwifiを紹介します。

単身赴任におすすめのモバイルwifiは?

クラウドwifi東京

単身赴任のあなたにおすすめのwifiは「クラウドwifi東京」です。モバイルwifiの中には2~3年の契約期間が決まっているものがあり、契約期間中に解約すると数万円の違約金がかかるものがあります。

 

クラウドwifi東京の場合には契約期間の縛りがないので、高額な解約金、違約金が発生しません。ただ、レンタルwifiなので、端末の返却ができなかった場合には損害賠償金が必要になります。

 

クラウドwifi東京はクラウドSIMという仕組みを使っていて、ドコモ、ソフトバンク、auのキャリア3回線の中からつながりやすい回線をキャッチして使うことができます。クラウド上にSIM情報があるので、端末にSIMカードを入れる必要がない仕様となっています。

 

この仕組みによって広いエリアで使いやすくなっていて、地方や田舎のほうでもつながりやすくなっています。速度も下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsと快適にネットができる速度ですし、まったく問題ありません。

 

また、海外でもこのwifiは利用できます。海外の場合は容量に制限もあり、国内よりも料金が高額になりますが、それでも海外で使い慣れた端末を利用できるのはメリットが大きいと思います。

 

「クラウドwifi東京」は月額料金もシンプルで安いですし、かなり魅力的なwifiだと思います!料金については公式サイトに書かれていますのでぜひチェックしてみてください^^。コスパの良さに驚くと思いますよ!
↓   ↓   ↓
【クラウドWiFi東京】

コメント

タイトルとURLをコピーしました